奥歯の磨き方1


みんなお悩み、乳幼児期の歯磨き編!

奥歯の磨き方2

生え始めに個人差はあるけど、大体は3歳くらいで生えます。

噛む面!ってわかる歯(臼歯)は上下左右2本ずつ。


奥歯の磨き方3
上の奥歯のほっぺた側も磨きにくいんだけど、そこはご両親が気をつければ大体いける。

この下の奥歯の舌側っていうのが、まだ歯磨きの大切さが理解できない年頃では不快でしかないし、ご両親も上手じゃない場合が多いです。

奥歯の磨き方4
歯磨きが全然苦じゃないお子さんはこれでもOKです。

ただ、前後に動かす際に、舌で抵抗する子だと必然的に歯ブラシを中に押し込む力が強くなって親子で攻防戦が繰り広げられやすくなります。

苦しいし、舌の力が一瞬弱まった際に奥に歯ブラシ入って「おえっ」となる可能性が高くなります。


そんなお子さんにはこの磨き方。


奥歯の磨き方5
奥歯の磨き方6


表現下手くそか!って自分で突っ込んでしまいましたが、歯と歯肉の境目に歯ブラシを当てたら、毛先がコネコネするイメージで円を描きます。この時に毛先自体はそんなに動いてないのがミソ。

これだと奥にいっちゃうこともないし、ピンポイントで磨けるので効率よく磨くことができます。

ちなみに下を向いて仕上げ磨きすると思うんですけど、失礼ですが顔が若干たるみますので、見上げてる子供からしたら「怒ってる?」と思う時があるようです。

言う言葉をふざけるか、歌を歌うか重力に逆らう笑顔で磨くかなんかした方がよさそうです。(長男に何年か前言われた。)


歯科業界ではかなりメジャーなチェックアップシリーズ。

これはうがいが必要なので「ぺっ」って出来るようになってから使います。


これは基本的には歯磨き終わった後に塗ってそのまま寝ていいよってタイプなので、まだぺって出来ない時期でも、ほんの少し(米粒から小豆大くらい)歯ブラシにつけて磨いてあげるのもいいかなと思います。

ただ、ホームジェルは研磨剤が入ってないので麦茶などによるステインは徐々についてくると思います。
気になるようなら定期的に歯医者さんで磨いてもらってくださいね。
part1はこちらから!←先日の仕上げ磨きの注意点

↓ぽちっと応援お願いします↓
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村